« ヨガクラス @ 志木 9月の予定 | トップページ | WS&振付の旅 @ 鹿児島 »

2016年8月20日 (土)

自ら進め @ なかの国際ダンスコンペティション

ダンサー&ヨギー TOKOのウェブサイトTOPへ

ヨガ&ボディワークレッスン<Studio Harmonia> ご案内

モダンダンス教室<ダンス・ハルモニア> ご案内
(上記Webページ゙はスマートフォン対応をしていません。PC版でご覧ください。)






8/17(水)、台風が空を洗って、ピカピカの青空の暑い一日、
ダンスハルモニアの生徒二人がコンクールに出場しました

第18回なかの国際ダンスコンペティション @なかのゼロホール

入賞には遥かに力及ばない二人ですが、
本番では、今までで一番、心と身体が呼応した大きなダンスをしてくれました。
今の精一杯の一歩を進められました



言われた勉強や練習やお手伝いをちゃんとする。
それは、学校や家庭では褒められること、それだけで認められるかも知れません。
でも...スポーツでもアートでも何でも、何かを成す人間になろうとする場では、
それは最低限の当たり前のことでしかありません。
自分で自分のやっていることを考えぬいて、
他の人のやっていることを良く調べて学んで、
そして自ら進まねばなりません。それは、子供でも、です。

ダンスならば、
その作品全体を通して、また作品の一瞬一瞬を、
どんな風に動くのか、どんな心持ちで居るのか、
それを自ら深く深く強く強くイメージして、
繰り返し繰り返し踊りながら、心身に定着させて行きます。
それは、先生の目の前でだけの取り組みでは到底足らず、
毎日毎日ダンスのことを考えて過ごさなくては成し得ません。
そして、その量が多ければ多いほど、最後のアクセルの踏み込みが強くなります。
本番の舞台で迫力のあるダンスになって現れます。(上手い下手を別にして
そして、自分という存在を他者に認めて貰えるのです。(上手い下手を別にして



さて。
今年の二人は、まだまだ全然アクセルが踏み込めていませんでしたね
「今の年頃に合った無理のない素直な良い作品」、
という嬉しい評価を審査員の先生や観て下さった指導者仲間から、沢山頂きました。
でも、「弱い」とも...

さてさて。
これをどう受け止めてどう次を取り組むのか、
コンクール参戦の意味はそこにありますね


今年も、ご家族のご理解とご協力、律子先生のサポートが無ければ、
コンクールに参加することは出来ませんでした。
心から、感謝を申し上げます






20160817_1208441p_2














ここな「碧い森の奥へ」




20160817_120918p






















みさと「帽子を置いて」





20160817_121949p






















大先輩なおみちゃんと、律子先生と!
コンクールに参加するようになったのは、なおちゃんに引っ張られて。
彼女を筆頭に負け戦にアクセル全開で突っ込む生徒が多く
私の方が引き摺られつつ、支えるために必死に学んで来たように思います






ダンサー&ヨギー TOKOのウェブサイトTOPへ

ヨガ&ボディワークレッスン<Studio Harmonia> ご案内

モダンダンス教室<ダンス・ハルモニア> ご案内
(上記Webページ゙はスマートフォン対応をしていません。PC版でご覧ください。)

















|

« ヨガクラス @ 志木 9月の予定 | トップページ | WS&振付の旅 @ 鹿児島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自ら進め @ なかの国際ダンスコンペティション:

« ヨガクラス @ 志木 9月の予定 | トップページ | WS&振付の旅 @ 鹿児島 »